〒669-3572

兵庫県丹波市氷上町谷村1336

代表カウンセラー

(公認心理師)

なかがわひろか(中川広佳)

お電話:090-1958-4902

(10:00~20:00)

 

カウンセリングは土日祝日もお受け致します。

認知行動療法について

認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy:認知療法とも言います)とは、自身の「ものの考え方」に焦点を当て、多角的な視点から、物事を検討することを促す心理療法です。以下のようなモデルに基づいて自身の体験を理解していきます。

図1:認知行動療法のモデル(2009,伊藤

「気分」「身体」反応については、自分の力でコントロールすることが困難です。また「環 境」も自分以外のことなので統制することが難しくなります。しかしながら、「認知」や「行動」は自分の力で変化を加えることができます。

認知行動療法では、この「認知」と 「行動」面に焦点を当て、「練習」を積み重ねることで、辛い気持ちを軽減し、行動を活性 化させていきます。特に大切なのは「認知」の部分です。偏った考え方に「幅」を持たせる ことによって、ストレスへの耐性を強めて行きます。

図2.認知の構造(2009,伊藤

認知には「階層」があり、浅いレベルのものから、深いレベルのものまでが、互いに関連しあっています。自分にはどのような「思い込み」や「中核信念」があるかを把握することで、辛い状態になったときに、自分に合ったストレスの対処法を身につけていくことができます。

 

このグラスはどのように見えるでしょうか?

あなたにはこのグラスがどのように見えているでしょうか?

「半分しか水が入っていない」「半分も水が入っている」「ただ水が入っているグラスだ」「半分『空間』があるグラスだ」人それぞれさまざまな「見方」があります。

ここでは例として、「半分しか水が入っていない」「半分も水が入っている」の2つで考えてみましょう。

 

もし「半分しか」と考えたら、もしかしたら悲しい気持ちになるかもしれません。反対に「半分も」と考えたら、嬉しい気持ちになるかもしれませんね。

 

なぜ同じものを見ても、反応が異なるのでしょうか?

そこには「認知」が関わっていると言えます。この「認知」を媒介することで、そこから悲しくなったり、嬉しくなったり、という「反応」が異なって行くのです。


「半分の水」の例をこのモデルに当てはめて考えてみましょう。

「半分しか」と考えた人は、気分が「がっかり」「落胆」「残念」に感じ、 行動面は「ため息をつく」かもしれません。身体面として「涙が出る」ということもあるかもしれません。

反対に「半分も」と思った人は「嬉しい」「喜び」「ラッキー」という気分になり、行動面は「笑顔」になり、身体面は「リラックスする」かもしれません。

 

気分や行動、身体反応は「認知」が大きく関わります。

このようにして、「認知」を媒介として、気分、行動、身体反応に影響を及ぼします。冒頭 に述べたように「気分」や「身体反応」を自分でコントロールすることは困難です。しかしながら、物の見方というものを捉え直すことはできます。たとえばこの例の場合「半分しか」と考えている人は「半分も」と考えることもできる中で「半分しか」という認知の「選択」をしていると考えられます。 一つの物事を見ても、多様な考え方を知ることで、個人間の反応にも違いが訪れて来ます。

他の例も見てみましょう。

どうでしょうか?同じ「環境」に置かれたとしても、認知次第で反応が変わってくるのが分かりますでしょうか?

たとえば学校で、職場で、家庭で、同じ様なストレスを受けているはずなのに、しんどくな ってしまう人もいれば、飄々としている人もいます。

そこには物事の受け取め方、つまり「認知」が関わっていると言えます。ちなみに、ここで、「そのときに頭の中に自動的に湧いて出て来た認知」のことを専門用語で「自動思考」という言い方をします。この言葉は認知行動療法において重要なものになります。是非覚えておいてください。

 

まずは、心の動きを押さえます。

認知行動療法では、この「認知」をしっかりと押さえた上で、ではどのようにして他の見方も学んで行くか?ということに取組んで行きます。これを「アセスメント」と言います。このアセスメントがもっとも大切なものになります。

 

ご自身の心の動きをしっかりと掴めるようになると、そこにはパターンがあることに気づきます。このパターンに気づくことができれば、対処法は生まれやすくなります。

 

1人ではなくカウンセラーと「共に」取組みましょう。

特に認知に偏りのある方にとって1人で取組むにはなかなかうまく行かないことも多いで  す。OFFICE NAKAGAWAでは、カウンセラーと共に、一つ一つの課題に取り組んで行きます。

最初はゆっくり、じっくりと取組んで行きましょう。慣れて来ると、今度は「1人」でも行えるようになります。そうなったとき、これからのあなたの人生でどのようなストレスがあっても、しっかりと対処できる心を作って行くことができます。認知行動療法は練習次第で、ちゃんと習得できるものです。カウンセラーと共に、取組んで行きましょう。

 

料金(対面・お電話カウンセリング)

ご年齢が18歳未満の場合

50分 7,500円 (税込:8,250円)
80分 12,000円 (税込:13,200円)
110分 16,500円 (税込:18,150円)

ご年齢が18歳以上の場合

50分 10,000円 (税込:11,000円)
80分 16,000円 (税込:17,600円)
110分 22,000円 (税込:24,200円)

【キャンセルポリシー】

キャンセルされた場合、以下の料金がかかって参ります。ご注意ください。

4日前無料、3日前料金の40%、2日前同60%、前日同80%、当日同100%

※お電話(Skype)のご相談は前払いとなります。

 

 

大阪出張カウンセリング料金(対面のみ)

ご年齢が18歳未満の場合

50分 11,500円 (税込:12,650円)
80分 16,000円 (税込:17,600円)
110分 20,500円 (税込:22,550円)

ご年齢が18歳以上の場合

50分 14,000円 (税込:15,400円)
80分 20,000円 (税込:22,000円)
110分 26,500円 (税込:28,600円)

こちらの料金に、ご自身のご飲食代が加算されます。

【キャンセルポリシー】

※7日前よりキャンセル料(100%)が発生いたします。ご注意いただきますようお願い申し上げます。

▶︎大阪出張カウンセリングの詳細はこちらです。

 

お問い合わせ

ご相談は下記よりご連絡ください。

▶︎無料お問い合わせ